新着情報

初代様

あんにゃろう!のんきに食レポなんざ書いてやがる!

困ったなぁ……妖精ともなるとやっぱり一筋縄じゃ捕まえられないね……

あ、社長。ほげ子。お帰りなさい!
……やっぱりパソクルは捕まえられなかった?

おう、どーにもこーにもな。目撃証言はいっぱいあるんだけど……

どういうワケだか本人まで辿り着かないんだ。
魔法を使って足取りをかく乱してるみたいで……

ずいぶん大変みたいだね。
でもどうしよう、いまウチの会社マスコットが不在になっちゃってるけど。

ああ、そこは心配しないで大丈夫だよ。当面の間の応援は手配してあるから。
そろそろ来るんじゃないかな。

応援?一体誰に──

えっ!?

──少し見ぬ間に、大人っぽくなられましたな。

ちょっ!?ちょっと待って社長!?この人って

はーい、というワケで緊急シフトで入ってもらいました。
初代パソクルさんでーす。

お、しげ子と社長は顔見知りなのか?
ほげ子だ。嫌いなモノはぬるいビールとマズイ油。よろしくな!

おやおや、これはこれはご丁寧に。
私、不肖ながら初代のパソクルを拝命しておりました妖精です。
お気軽に”初代”とでもお呼び下さい。

え、ちょっと待って。何でフツーに馴染んでんの?
色々無いの?タッチが違うとか、初代って何だとか。

そんな細かいトコ突っ込んでもしょうがねーだろ。
とりあえずあの橙まんじゅう捕まえるまでは力借りないとならねーんだから。

ご隠居していたところを急に呼び戻してすみません。
先に話しました通りになりますので、よろしくお願いします。

はてはて、時代に即さぬロートルですがいかんせん身内の不肖。
微力ながらお力添えさせて頂きましょう。

わー、反論する間もなく話がすすんでいくよー。

さて、じゃあ皆に紹介させて頂きます。
ここでというのも何なのでどうぞ中へ。

現代を担う者たちというわけですか。
ふふ、急場で呼ばれて不謹慎ですが楽しくなってきてしまいました。

おーい、ボーっとしてんじゃねーよテンチョー。
置いてくぜー。

あぁ、うん。いま行くね。

……

……しげ子さん?いや、しげ子ちゃん?

……!!え!?なに!?呼んだ!?

おひさしぶりですね。あくまで臨時ですが……「ただいま」

あ……うん……

「おかえり、パソクル」